Facebook Twitter
blogesite.com

鬼ごっこ: 水分

水分 でタグ付けされた記事

屋根裏の水害を防ぐ

投稿日: 10月 12, 2023、投稿者: Jim Neely
自分の財産の自然な乾燥を制御することは、家の頂上近くに位置し、屋根と他のすべての家の間を分離しているため、屋根裏部屋で開始する必要があります。 天井と床 屋根裏部屋を検査するときは、両方を確認してください。 パイプ、通気口、煙突など、屋根を通って開口部に特に焦点を当ててください。 表面が乾燥しており、カビや腐敗がまったくないことを確認してください。 また、屋根の垂木と屋根の垂木の下に確認してください。 屋根が密閉されており、屋根の亀裂に浸透しないことを確認するために、朝まで検査することが提案されています。 地面を点検し、本当に乾燥していることを確認してください。 埋め込み式ライトキャニスター 錆と腐食の存在は、水分の浸潤の可能性と潜在的な電気的危険を示しています。 潜在的な水害とカビのための追加の指標は、木材の上または近くの汚れ、またはキャニスターの周りの断熱材です。 古い埋め込み式のライトキャニスターを、断熱材を組み込んだより新しい、より安全なものに置き換えることを検討してください。 Vents 屋根裏換気が不可欠です。 一般的に、通気口は屋根のピークに設置されます。 通気口の近くの水分または表面変色は本当に兆候であり、水分源を見つけて問題を修復します。 屋根を検査するときは、通気口を遮る鳥の巣や破片を取り除きます。 Insulation 水分と水によって損傷すると、断熱材は薄く平らになります。 特に雨の季節に続いて、断熱を頻繁に確認してください。 触って。 濡れていると感じたら、水分源を発見し、すぐに問題を修復してください。 覚えておいてください:濡れた断熱は役に立たないが、それでもしばらくの間水を保持するために着実に継続し、高い水分条件を作り出すことができる。 断熱材が濡れている場合は、交換してください。 一般的なATTICアプライアンス 定期的に、ATIC ACユニット、Swampクーラー、HVACシステムを確認します。 劣化とゆるい接続を検索します。 これらの電化製品の周りと下で検査します。 アプライアンスの故障は、水の損傷とカビを下に置くものにまさに原因になる可能性があることを理解してください。...

スペースバッグでクローゼットのスペースを増やす

投稿日: 2月 21, 2023、投稿者: Jim Neely
ストレージが含まれる場合、十分な部屋があるようには見えません。段ボール箱とプラスチックビンは、多くのスペースを使用します。 解決策が存在します。 スペースバッグは、他の場所を保管できるようにすることで、より多くのクローゼットスペースを作成します。 | - |それらは空気の緊密で防水です。つまり、アイテムは保護されたままであるため、ベッドの下、地下室、またはガレージに安全に保管できます。 | - |エリアバッグに物を詰めるだけです。 パターン化された水タイプのジッパーを密封し、ホースで任意のタイプの真空を取り、空気を掃除機で掃除します。 あなたのアイテムは圧縮され、保護されたままで、後で必要なときに、あなたがそれを入れた日のために、何でも新鮮できれいに戻って戻ってきます。| - |SEE-SEE-STORAGEシステムは簡単ではありませんでした。 そして、ビニール袋とは異なり、スペースバッグは、汚れ、バグ、湿気を閉じ込めることが保証されているナイロンで構成されており、さらに何度も使用することができます。 | - |移動、寮の部屋、季節のアイテムなど、自分の家に必要な各必要性のためのスペースバッグが存在します。 これらのバッグは、けいれんクローゼット用のスマートソリューションです。 | - |...

あなたのダクトはあなたを病気にしていますか?

投稿日: 1月 17, 2022、投稿者: Jim Neely
空気ダクトを使用する暖房または冷却システムがある場合、問題が発生する可能性があります。 | - |汚染物質を居住者に持ち込むことができるほど、設計が不十分で設置されているダクトシステムがたくさんあります。 | - |一部のダクトは、濡れたまたは湿ったクロールスペースと地下室にあります。 | - |これらの場所で適切に密閉または断熱されていないダクトを持つことで、水分、カビ、細菌、さらには一酸化炭素さえも建物に描くことができます。 | - |封印されていないダクトは、これらのアレのハッチを開くのと同じ効果をもたらします。唯一の違いは、それを見ないことであり、暖房または冷却器具のファンがより大きな速度でより多くの汚染物質をリビングルームに誘導することです。 | - |屋根裏部屋にあるダクトは、冬には寒い乾燥した空気を持ち込み、夏には暖かく湿気の多い空気、冬には家を暖かく保ち、夏は涼しく保つためにそこにあるグラスファイバーの断熱材のほこり、汚れ、繊維を燃やすことができます。 | - |このようにする必要はありません。 | - |ダクト診断ツールと優れた業界慣行を利用する理想的な専門家を雇うことで、屋内の良質とより快適な雰囲気への道にあなたを設定します。 | - |...